華やかに!!引き振袖で和装ウエディングを

うっすらとのびる桜色のお引きに

古き良き時代を感じさせながらも、ロマンチック、ガーリッシュなテイストをプラスした新感覚の和装スタイルの結婚式にトライしてみてもいいでしょう。グラスオーガンジーの清涼感が漂う美しい引き振袖は、まるでマーメイドラインドレスのようなロングトレーンのシルエットの裾が印象的ですよ。振袖の生地とかんざしは、ブーケをヘッドにあしらったような華やかさに仕上げましょう。新しい和装スタイルとして、引き振袖と同じ素材を使ったヘアアクセサリーを使って、まるでフラワーキャップをかぶっているように仕上げるといいですよ。

あでやかな真紅のお引きとそろえて

白地に墨の濃淡をいかして描かれた手書き友禅は、白と墨、紅色と金ぼかしという日本の伝統的な色使いで和の自然美を繊細に表現した引き振袖です。真紅のバラのコサージュのヘッドドレスやレースのグローブを使ってみましょう。日本髪ではなく小さく結った髪に髪飾りをたくさんつけて華やかさを出しましょう。同系色でまとめるのがコツですよ。また、レースの手袋は和装を一気にロマンチックなコーディネートへと導いてくれますよ。

かきつばたの黒引きには

縮緬にかきつばたと光琳鶴を施した引き振袖は、美しい女性の象徴に用いられてきたものです。古くから日本人に愛されてきたかきつばたと、端祥と優美な姿で現在でも縁起の席ではかかせない光琳鶴の模様を、人気の黒引きに配したモダンなデザインを選ぶといいでしょう。刺繍の鮮やかな半襟を何枚も重ね、帯揚げ、帯締め、かなえなどで華やかさをプラスしてみましょう。襟元を定番の白でなく、華やかな柄の半襟にし、ふわふわと揺れるフェザーをプラスして顔まわりを女性らしく仕上げるといいでしょう。

福岡の結婚式場では、大聖堂で行う「挙式のみプラン」が開催されています。その他に、ドレスや衣装も充実しています。