男女で違う?プロポーズのシチュエーションを知る

男性の理想と女性の理想の違い

結婚といえば一生に一度のことです。ですから幸せになりたいでしょう。長い生活の中で協力をすることで幸せにすることができます。この結婚のきっかけとしてあるのがプロポーズです。お付き合いをしている状態から、結婚の確認をする段階に進むことができます。日本では男性から女性にするパターンが多いですが、想定するシチュエーションは男性と女性とで異なる場合があります。男性はぜひ女性の想定する場面を知って行うようにしてほしいです。

女性はロマンチックな場所を希望している

男女がお付き合いをしていると、デートなどでいろいろなところに行くかもしれません。ちょっとした食事をしたり、公園に行く、旅行に行ったりすることもあるでしょう。お付き合いが長くなればそろそろ結婚を考えるようになり、男性側はチャンスをうかがうことになります。そこで男性にしたいアドバイスとして、女性はロマンチックな場所でプロポーズをしてほしいと考えています。高層ホテルの最上階で夜景を見ながらであったり、ヘリコプターの上空などもあるかもしれませんね。

共通の知り合いに協力してもらう

結婚を考えるぐらいの相手なら、それなりに気持ちなどがわかるかもしれません。でも、いざとなると迷いが出ることもあります。男性が迷うときとしては、プロポーズのタイミングです。一度失敗すると、次の機会が難しくなる場合があります。そこで、共通の知り合いに協力してもらう方法があります。できれば女性側のことがわかる知り合いの方が良いでしょう。結婚のことをどう考えているかを聞いてもらっておいて、その情報を元に行動に出ると成功しやすいですよ。

結婚を考えるカップルが相手に申し込むことを言います。最近では演出や記憶に残るプロポーズも多く、リオ五輪の表彰式でもメダリストの記憶に残る演出が話題になりました。